アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
沙藤一樹 Perspective
ブログ紹介
沙藤一樹です。
自作の小説に関して書いていきます。
zoom RSS

本を注文してくださったMさんへ

2013/07/17 21:18

本日(7/17)、「トランスパレントバケーション」を注文してくださった埼玉県のMさん、
返信メールが送れませんでした。
どうやら、注文時に書いてもらったメールアドレス(docomoのアドレスでした)が間違っているようです。

こちらを見ていらっしゃれば、お手数ですが、また注文し直してください。
お願いします。

記事へトラックバック / コメント


「トランスパレントバケーション」 通販開始します。

2013/04/22 22:26

「トランスパレントバケーション」 の通販を開始します。

ちょっと高くなっちゃいましたが……。

送料はシンプルに100円に統一しました。
何冊購入いただいても100円です。
と同時に、「リコシェと振り子」の値段も変更しました。

販売しているのは私のサイトです。
左側にある「KAZSAT SITE」のリンクをクリックすると、飛びます。

記事へトラックバック / コメント


文学フリマ、行ってきました!

2013/04/15 10:06
昨日、文学フリマに参加、出店してきました。

一冊も売れなかったらどうしようと思っていましたが、ちょこちょこっと売れていきましたよ。

お声をかけてくださったり、差し入れをくださったかたもいらっしゃいました。


他の店はあまり見てまわれず、結局1冊しか買わなかったのですが、いろいろ刺激を受けたり、参考になったりしました。


お買い上げくださったかた、どうもありがとうございました!





http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20130414
記事へトラックバック / コメント


山崩れ

2013/04/13 10:23

震度5強の地震で、本の山が崩れた……。

記事へトラックバック / コメント


明日は文学フリマ

2013/04/13 06:37
明日、堺の文学フリマに行きますよ。

「トランスパレントバケーション」と「リコシェと振り子」を持っていきます。

配置番号は「C−20」。

よろしくです。
記事へトラックバック / コメント


第十六回文学フリマin大阪に参加します。

2013/03/31 06:33
4月14日(日)、大阪は堺市産業振興センターにて、文学フリマが開かれます。

沙藤一樹は参加いたします。

配置番号は、「C−20」
サークル名は、「アムネジアランナー」

です。

そこで長編小説「トランスパレントバケーション」を販売する予定です。



いやあ、
こういうのに参加するのは、初めてなんですよね。
誰か参加するかた、いませんか?


記事へトラックバック / コメント


kindle版「D-ブリッジ・テープ」

2012/11/05 20:00
Amazonのkindleストアにて、「D-ブリッジ・テープ」発売中です。

私も購入しました。
スマートフォンで読んでます。

どうぞ、よろしくお願いします。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍版 「D-ブリッジ・テープ」

2012/03/18 16:50
「D-ブリッジ・テープ」の電子書籍版が「BOOK☆WALKER」にて、販売開始しました。
http://bookwalker.jp/pc/detail/9e63c3f8-64a6-41bc-800a-6c43faf1fc90/

※読むには、iPhone/iPadまたはAndroid OS搭載端末(スマートフォン・タブレット)が必要です。


よろしくお願いします。
記事へトラックバック 0 / コメント 3


南三陸町

2011/03/14 21:54
宮城県の南三陸町におひとり、「リコシェと振り子」を買ってくださったかたがいらっしゃるんだけれど、だいじょうぶかなあ。
無事だといいなあ。
記事へトラックバック 0 / コメント 5


太鼓

2011/02/28 22:00
 誰かが死んだ。哀悼の意を込め、みんなで太鼓を叩くことになったらしい。ずらりと並んだ太鼓のうち、いちばん端のものの前に私は立っている。どんなリズムを打てばいいのかわからない。同じように黒い服を着た男女の横顔を盗み見たところ、誰もが自信にあふれていて、どうやら私だけが知らないみたいだ。とまどっているうちに演奏がはじまる。他の者たちは一糸乱れず太鼓を打っていくのだが、見様見真似でやっている私はどうしても遅れてしまう。ずれてしまう。周囲からの冷たい視線を感じ、私は居たたまれない気持ちになる。しかし、叩いているうちに慣れてきたのか、開き直ってしまったのか、私の手は勝手に動きだす。調子よく太鼓を叩いていく。次第に激しくなっていき、それにつれて他の者たちの音が聞こえなくなり、周囲の視線が気にならなくなる。私は一心不乱に太鼓を叩きつづける。気がつくと、他の者はただ突っ立っているだけだ。私だけが叩いている。ああ、と心の中でつぶやく。死んだのは、きっと、私ととても親しかった者だろう。太鼓の音が響いている。私は初めて悲しみをおぼえる。

記事へトラックバック 0 / コメント 2


天使塔再建プロジェクト

2011/02/06 21:37
「天使塔」というのは未発表の長編小説のタイトルです。

この作品は現在、ぐちゃぐちゃというか、ズタズタの状態になっています。
「銃器のアマリリ」をシャッフルした感じ、と言えば、いいでしょうか。
実際は、同じ時刻で複数のシーンが書かれているので、もっとズタズタだけど。

これを、順番を入れ替え、できるだけまっすぐに整え、まとまりのある作品にしよう、と計画しております。



原稿をネット上でオープンにして、参加者に順番の入れ替えをしてもらおう。
というアイディアもあったのですが、ズタズタすぎて、これは自分にしかわからないなと思い、それはやめにしました。



この「天使塔」を年内に発表できたらいいのですが。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍化作業中

2011/01/30 01:30
今、おふたりのかたに手伝ってもらっています。
ありがたや。

あ、私は「ドラゴンエイジ」っていうゲームをやっていました。
すいません。
明日はやりません。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍化プロジェクト その2

2011/01/21 01:03
まず、先日の文では書き漏らした点です。「鏡の国の」と「わたしは天使の記憶」についても電子書籍化する予定です。後者のほうは書き直しも必要なので、時間がかかりそう。「トラバケ」より後になるかもしれません。「リコシェと振り子」は当分の間、電子書籍化しません。

また、お試しとして、いくつかの作品を期間限定で無料配信します。今のところの予定では、「空中庭園」と「プルトニウムと半月」の2作です。

購入くださったかたには、特典として、「少年少女探偵団」(「トランスバケーション」の第2章です)を先行してお送りします。どうぞ、よろしくです。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍化プロジェクト

2011/01/18 01:41
「トラバケ」だけではなく、これまで紙媒体で発表してきた作品についても、電子書籍化していきます。
 本をスキャンして、OCRソフトで文字を読み取り、ページごとのテキストファイルをつくる。間違いが多いので、本を参照して、テキストを修正していく。
 現在、そこまでの作業を、「Dーブリッジ・テープ」、「不思議じゃない国のアリス」、それから「プルトニウムと半月」の半分まで、終えました。「X雨」と「新宿ミルク工場」は手つかずです。……けっこう、時間がかかりますね。
 修正したテキストはひとつにまとめ、そのあと編集して、校正して。という感じで進めていきます。

 ファイル形式は、「TXT」、「ePUB」でいこうと思います。それから「青空文庫形式」も気になるのですけど、どうでしょう?

 で、電子書籍は、「リコシェと振り子」のときと同じように、私のサイトで販売する予定です。



テキストファイルの修正についてですが、「X雨」と「新宿ミルク工場」の2作の作業を手伝ってくださるかたを募集しております。PCと本(「X雨」「新宿ミルク工場」のどちらか、あるいは両方)をお持ちなら、できる作業です。万が一、「手伝ってやろう」という奇特なかたがいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


トランスパレントバケーション

2011/01/16 18:54
昨年末のブログでの私の書き方が悪かったため、長編小説を発表するのをやめると思われているかたもいるようですが、そうではありません。「リコシェと振り子」のような紙の媒体での発表はしないということで、発表自体はやめません。電子書籍のかたちで発表する予定です。

去年の夏ごろはまだ(日本で)電子書籍リーダーがあまり出ていなかったので、「リコシェと振り子」は紙の本のかたちにしました。が、去年の12月にソニー「リーダー」、シャープ「ガラパゴス」、KDDI「ビブリオ リーフ」と発売され、またスマートフォンもいろいろと発売されました。絶対数ではまだまだ少ないですが、これから増えていくことでしょう。紙→電子書籍の流れは必然です。

もちろん、紙の本も好きなんですが、自分で出すとなるとコストがかかりすぎます。



「トランスパレントバケーション」は例の長編小説のタイトルです。

第1章 「夏休みのはじまり」
第2章 「少年少女探偵団」
第3章 「トランスパレントバケーション」

全3章で、それぞれの章題は、以上のとおりです。
夏(7月下旬)までには発表したいと考えております。
記事へトラックバック / コメント


いろいろ考えてはいる

2011/01/16 18:01
これからやることとして、いくつか考えていることがあります。
で、いくつかにわけて、ざっと書いていきます。
まとまってない文章だけど、ご容赦を。



ツイッター、はじめました。
アカウント名は「sato_kazuki」です。
ブログがメインなので、あまりつぶやかないと思いますが、
ブログが更新されると、ツイッターでお知らせする設定にしてありますんで、
よろしかったら、フォローしてやってください。
記事へトラックバック / コメント


20110101

2011/01/01 19:29
あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくです。

それにしても、2011年だって。
もうとっくに未来じゃないか!
記事へトラックバック 0 / コメント 1


「リコシェと振り子」 収支報告

2010/12/31 18:25
今年、私が発表した作品といえば、自主出版の「リコシェと振り子」なのですが、今年も終わりということで、その収支報告をします(べつに私の金でやってるんだから、誰に報告する必要もないんだけどね)。



支出 約30000円

いきなり「約」だなんて、どんぶり勘定ですな。
そのほとんどが印刷代で、250冊刷って、割引適用して、28900円でした。
はじめは100〜150冊くらいのつもりだったんですけど、今後の指針としてどれくらい売れるか見たかったので、多めに刷りました。3ヶ月で売れた冊数で、次の長編小説の部数を決めるつもりだったのです。
あとは、印刷会社へ送った原稿の送料、CD-R、梱包用の封筒とビニール袋それぞれの代金、といったところです。



収入 17820円(見込み)

今度は「見込み」とか入ってますな。
現在、注文があった数は81冊です。で、220円×81冊=17820円。
でも、まだ支払ってもらってない分(※)がありますので、実際はもっと少なかったりします。それで、見込み、ってわけです。

※こちらからのメールが届いていない場合が何件かあるようです。そこで、別のメールアドレスを使ってメールを再送する予定です。もちろん、キャンセルや購入冊数の変更をされてもかまいません。



収支結果 −12180円

赤字ですな。
これからに期待ということで。
今後はネットだけじゃなく、即売会などで売るのも必要ですね。私としては委託販売してくれる人(サークル)がいればいいなって感じです。
というか、そういう人、募集です。



自主出版(同人誌)なんて初めてだったんで、楽しかったです。
ただ、赤字だと次をつづけるのが難しいですね。
予定していた長編小説の出版もやめることにしました。

でも、だいじょうぶ。
時代は、電子書籍、セルフパブリッシングへと移行していくのですから!
そういうわけで、また来年。

記事へトラックバック / コメント


「不思議じゃない国のアリス」 売り切れ

2010/11/28 08:31
「不思議じゃない国のアリス」が売り切れとなりました。
ありがとうございました。
記事へトラックバック / コメント


発送連絡

2010/11/21 07:22
19日までに入金されたかたの分の 発送は、すべて終えております。
まだ届いていないかたは、もうしばらくお待ちを。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

沙藤一樹 Perspective/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる