アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「作品発表」のブログ記事

みんなの「作品発表」ブログ


「トランスパレントバケーション」 通販開始します。

2013/04/22 22:26

「トランスパレントバケーション」 の通販を開始します。

ちょっと高くなっちゃいましたが……。

送料はシンプルに100円に統一しました。
何冊購入いただいても100円です。
と同時に、「リコシェと振り子」の値段も変更しました。

販売しているのは私のサイトです。
左側にある「KAZSAT SITE」のリンクをクリックすると、飛びます。

記事へトラックバック / コメント


明日は文学フリマ

2013/04/13 06:37
明日、堺の文学フリマに行きますよ。

「トランスパレントバケーション」と「リコシェと振り子」を持っていきます。

配置番号は「C−20」。

よろしくです。
記事へトラックバック / コメント


第十六回文学フリマin大阪に参加します。

2013/03/31 06:33
4月14日(日)、大阪は堺市産業振興センターにて、文学フリマが開かれます。

沙藤一樹は参加いたします。

配置番号は、「C−20」
サークル名は、「アムネジアランナー」

です。

そこで長編小説「トランスパレントバケーション」を販売する予定です。



いやあ、
こういうのに参加するのは、初めてなんですよね。
誰か参加するかた、いませんか?


記事へトラックバック / コメント


天使塔再建プロジェクト

2011/02/06 21:37
「天使塔」というのは未発表の長編小説のタイトルです。

この作品は現在、ぐちゃぐちゃというか、ズタズタの状態になっています。
「銃器のアマリリ」をシャッフルした感じ、と言えば、いいでしょうか。
実際は、同じ時刻で複数のシーンが書かれているので、もっとズタズタだけど。

これを、順番を入れ替え、できるだけまっすぐに整え、まとまりのある作品にしよう、と計画しております。



原稿をネット上でオープンにして、参加者に順番の入れ替えをしてもらおう。
というアイディアもあったのですが、ズタズタすぎて、これは自分にしかわからないなと思い、それはやめにしました。



この「天使塔」を年内に発表できたらいいのですが。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍化プロジェクト その2

2011/01/21 01:03
まず、先日の文では書き漏らした点です。「鏡の国の」と「わたしは天使の記憶」についても電子書籍化する予定です。後者のほうは書き直しも必要なので、時間がかかりそう。「トラバケ」より後になるかもしれません。「リコシェと振り子」は当分の間、電子書籍化しません。

また、お試しとして、いくつかの作品を期間限定で無料配信します。今のところの予定では、「空中庭園」と「プルトニウムと半月」の2作です。

購入くださったかたには、特典として、「少年少女探偵団」(「トランスバケーション」の第2章です)を先行してお送りします。どうぞ、よろしくです。
記事へトラックバック / コメント


電子書籍化プロジェクト

2011/01/18 01:41
「トラバケ」だけではなく、これまで紙媒体で発表してきた作品についても、電子書籍化していきます。
 本をスキャンして、OCRソフトで文字を読み取り、ページごとのテキストファイルをつくる。間違いが多いので、本を参照して、テキストを修正していく。
 現在、そこまでの作業を、「Dーブリッジ・テープ」、「不思議じゃない国のアリス」、それから「プルトニウムと半月」の半分まで、終えました。「X雨」と「新宿ミルク工場」は手つかずです。……けっこう、時間がかかりますね。
 修正したテキストはひとつにまとめ、そのあと編集して、校正して。という感じで進めていきます。

 ファイル形式は、「TXT」、「ePUB」でいこうと思います。それから「青空文庫形式」も気になるのですけど、どうでしょう?

 で、電子書籍は、「リコシェと振り子」のときと同じように、私のサイトで販売する予定です。



テキストファイルの修正についてですが、「X雨」と「新宿ミルク工場」の2作の作業を手伝ってくださるかたを募集しております。PCと本(「X雨」「新宿ミルク工場」のどちらか、あるいは両方)をお持ちなら、できる作業です。万が一、「手伝ってやろう」という奇特なかたがいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
記事へトラックバック 0 / コメント 1


トランスパレントバケーション

2011/01/16 18:54
昨年末のブログでの私の書き方が悪かったため、長編小説を発表するのをやめると思われているかたもいるようですが、そうではありません。「リコシェと振り子」のような紙の媒体での発表はしないということで、発表自体はやめません。電子書籍のかたちで発表する予定です。

去年の夏ごろはまだ(日本で)電子書籍リーダーがあまり出ていなかったので、「リコシェと振り子」は紙の本のかたちにしました。が、去年の12月にソニー「リーダー」、シャープ「ガラパゴス」、KDDI「ビブリオ リーフ」と発売され、またスマートフォンもいろいろと発売されました。絶対数ではまだまだ少ないですが、これから増えていくことでしょう。紙→電子書籍の流れは必然です。

もちろん、紙の本も好きなんですが、自分で出すとなるとコストがかかりすぎます。



「トランスパレントバケーション」は例の長編小説のタイトルです。

第1章 「夏休みのはじまり」
第2章 「少年少女探偵団」
第3章 「トランスパレントバケーション」

全3章で、それぞれの章題は、以上のとおりです。
夏(7月下旬)までには発表したいと考えております。
記事へトラックバック / コメント


「リコシェと振り子」って、なに?

2010/11/07 18:04
販売してから何日も経つのに、「リコシェと振り子」がどういう話なのか、まったく書いてない。ということに気づく。
で、書いてみました。



振り子を使って捜し物をするのを生業とする「私」は、猫を飼っている。全身黒い毛の、かわいい子猫。名前はリコシェ。輪郭がぼんやりとしていて、ものすごく素早く動くことができる。



ま、それ以上のことは、実際に読んでみてからのお楽しみってことで。
記事へトラックバック / コメント


リコシェと振り子 販売開始

2010/10/24 11:15
「リコシェと振り子」の価格は220円です。
送料は80円。
2冊以上のお買い上げでも、送料は変わらず、80円です。



また、多数(?)の要望があった、「不思議じゃない国のアリス」と「新宿ミルク工場」も販売することにしました。
値段は定価どおりですけど、消費税はもらいませんし、送料も無料とさせていただきます。

ただ、出せる数は少ないです。



よろしくお願いします。
記事へトラックバック / コメント


リコシェと振り子 できあがり

2010/10/21 13:03

「リコシェと振り子」が刷り上がり、印刷所から届きました。

画像


シンプル。
思った通りの感じにできあがりました。
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
ホームページ・リニューアル
ホームページをリニューアルしました。 左上にあるリンク「KAZSAT SITE」をクリック。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/16 21:22
リコシェと振り子 3
きのう、「リコシェと振り子」の原稿データを印刷会社に送りました。 1〜2週間後には刷り上がったものが届くでしょう。 うまくいってるか少し心配。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/10 11:51
リコシェと振り子 2
表紙ができました。 きのうの夜、一太郎でつくりました。 奥付なんかもつくりました。 裏表紙がまだ途中だけど、ま、最悪、白紙でもいいや。 などと思っております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/10 11:50
リコシェと振り子
短編小説の改稿が終わりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/19 15:29
本をつくる 3
コメントありがとうございます。 参考にさせていただきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/11 07:47
本をつくる 2
印刷会社のサイトをいくつか見たところ、 どうやら、100部で1000円、というのは無理っぽいです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/09/05 11:48
本をつくる
本をつくることは決まりましたが、 さて、具体的にどういう本にするかが問題です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/29 10:22
作品発表の場 4
さて。 折衷案として、 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/15 12:09
作品発表の場 3
(前回のつづき) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/02 04:15
作品発表の場 2
(前回のつづき) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/02 03:29
作品発表の場
これから書くことになるかもしれない新しい作品とは別に、 すでに書き上げた作品があります。 長編小説です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/31 11:07

トップへ | みんなの「作品発表」ブログ

沙藤一樹 Perspective 作品発表のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる